• ₹2056

Sex dolls can prevent sexually transmitted diseases

セックスドールは、ラスベガスの注意をもらいます。

近所の人や郡の役人は、ラスベガスの中心部にあるセックス人形売春宿やセックスクラブの存在を心配しています。そのウェブサイトによると、ラスベガスセックス人形ズエクスペリエンスは、非公開の時間料金で個室でセックスドールと「対話」する時間を顧客に提供しています。

リアルなラブドールを販売する

セックスドールズエクスペリエンスはクラーク郡で認可されていないようで、トロピカーナアベニュー近くの5150 S. Pecos RoadにあるStudiosと呼ばれる「流体ジェンダーソーシャルライフスタイルクラブ」で運営されています。シンディ・ロビンスは、スタジオのすぐ下の家に住んでいます。彼女は、建物がセックスクラブであり、不動産の近くに住むことを懸念しているという噂を聞いたと言いました。「病気だと思うし、住宅地の近くのどこかにあるのは間違っている」とロビンズは言った。 「ペコスの反対側の道路の反対側にアパートと家があり、子供たちと一緒にここに家があります。それは許可されるべきではありませんし、法律ではそうだとは思いませんでした。」

郡のスポークスマンは、Studiosは、ライセンスなしで事業を運営している疑いで、クラーク郡の法執行機関による調査中だと述べた。郡の記録によると、Studiosは2016年にウェブサイトという名前で教育機関としてライセンスを取得しましたが、所有者または所有者が「ソーシャル会場」として使用する個人の住居としてオンラインで宣伝しています。

現在はダッチワイフ通販は多くなる

Studiosのウェブサイトの写真は、ベッド、ソファ、テレビ、少なくとも1つのストリッパーポール、ボンデージ機器を備えた部屋を紹介しています。ロビンスは、金曜日と土曜日の夜に、クラブの出席者は彼女の家や近所の人たちの前に駐車すると言いました。 Studiosのウェブサイトでは、建物の向かい側にある消防署の横に駐車されている車は牽引されると警告しています。

「私はこれらの人々を知りません、そして、彼らがどんな種類の人々であるかを知りません」と彼女は言いました。 「そして、私は彼らが近所の人々を訪問するためにここにいないことを知っています。彼らがクラブまで歩いているのを見ているからです。Studiosの代表にコメントを求めることができませんでした。等身大ラブドールはコメントを拒否し、Las Vegas Review-Journalから連絡を受けた後、ウェブサイトにいくつかの変更を加えました。

当初、同社のWebサイトは顧客に「究極の性的体験をお楽しみください」と呼びかけましたが、翌日、Sex Dolls Experienceを利用することで、バイヤー候補は購入前に性別人形を「試す」ことができます。水曜日に、ウェブサイトの「期待するもの」セクションは、到着時にホストに会う、人形、かつら、衣装を選ぶ、事前に交渉された期間の予約された部屋に護衛されるなど、人形の1つとの約束を説明しました時間。木曜日には、主催者との面会の説明のみが残り、残りは「私たちは売春宿ではありません!!」に置き換えられました。他の隣人は、駐車場とゴミの問題は別として、クラブについてあまり心配していないと言った。エレイン・ピアスは、スタジオからそれほど遠くない、リノ通りとペコスの交差点近くの家に住んでいます。

彼女は、ホームレスの人々が彼女の家の近くの木々の下にしゃがむことをより心配していると言いました。「ここには子供はいません。私の最年少は32歳です」とピアスは言いました。ラスベガスに住む免許を持つラブドールレビューが最近、セックスラブドールに反対しました。ロクサーヌ・プライスは、セックス人形がネバダ州の彼女や他のセックスワーカーにとって厳しい競争になることが証明されるのではないかと心配しています。

ラスベガスのあるクラーク郡では売春は違法ですが、許可を受けたセックスワーカーは近隣の郡の売春宿で働くことができます。 25歳のプライスはパーランプで働いています。ネバダ州のセックスワーカーは、身元調査に合格し、性感染症の毎週の検査を受け、医師の予約とライセンス料を自費で支払う必要があります。

https://www.kichi-doll.com/mitake-kobayashi-tpe-real-doll-wm153.html

「人間の売春婦は合法的な赤テープにうんざりしているが、人形の売春宿は制限的な法律を順守することを心配する必要はない」とプライスは言った。 「まるでセックス人形やセックスロボットが、実際の人間のセックスワーカーよりも多くの権利と自由を持っているようです。」